キャラ化」する表現手法・・・

物事をわかりやすく、柔らかく伝えるのにぴったりの表現手法「キャラ化」か、
あなたは、どう思いますか?

放射性物質トリチウム.jpg


本日(2021.04.17)天風録引用↓↓↓

『 ウサギが (て)を アルコール消毒(しょうどく)し、サルは 検温(けんおん)している。東京国立博物館(とうきょうこくりつはくぶつかん)の ホームページに、コロナ対策(たいさく)を 紹介(しょうかい)する そんな イラストが あった。国宝(こくほう)「鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが」の 展覧会(てんらんかい)を 開催中(かいさいちゅう)。絵巻(えまき)の (なか)の 動物(どうぶつ)たちまで 戦々恐々(せんせんきょうきょう)とは・・・


漫画(まんが)、アニメの ルーツとされる 絵巻(えまき)。(わたし)たちは (むかし)から (み)の (まわ)りの 事物(じぶつ)を (い)き(もの)のように (えが)いてきた。(たと)えば 草花(くさばな)や 自動車(じどうしゃ)。さらには 風神雷神(ふうじんらいじん)など 空想(くうそう)の 存在(そんざい)も (した)しみやすい キャラクターに。各地(かくち)の 「ゆるキャラ」もそう

▲いわば 伝統(でんとう)の 表現手法(ひょうげんしゅほう)は、最近(さいきん)の 言葉(ことば)でいう「キャラ(か)」か。物事(ものごと)を わかりやすく、(やわ)らかく (つた)えるのに ぴったり。福島(ふくしま)第1(だいいち)原発(げんぱつ)に たまる 処理水(しょりすい)の 海洋(かいよう)放出(ほうしゅつ)を (き)めた 政府(せいふ)も 作成(さくせい)した。処理水(しょりすい)が (ふく)む 放射性(ほうしゃせい)物質(ぶっしつ)トリチウムの イラストである

丸顔(まるがお)で かわいらしい 目鼻(めはな)の キャラ。雨水(うすい)や 海水(かいすい)、人間(にんげん)の 体内(たいない)にもあり、健康(けんこう)に 影響(えいきょう)は ないと アピールする。しかし「ゆるキャラで ごまかすな」と 批判(ひはん)が 相次(あいつ)いだ。漁民(ぎょみん)は「(うみ)に (なが)したい (くに)の 気持(きも)ちが (あらわ)れている」とも

復興庁(ふっこうちょう)は デザインを (あらた)める という。だが (そ)っ(け)ない キャラにした ところで、風評被害(ふうひょうひがい)に (くる)しめられる (がわ)に  とっては 大差(たいさ)あるまい。廃炉(はいろ)までの 「絵巻(えまき)」を (えが)き (なお)しては どうか。』

【気づき】
「キャラ化」する表現手法も使い方次第で、
共感を得れたり、反感を得たりするものだなと思いました。